弁護士の意見を参考にする

離婚届

状況によって金額は異なる

離婚は結婚よりも大変だと言われています。単なる性格の不一致や価値観の違いというだけなら、話し合いで円満解決ができることでしょう。通常、夫婦期間に貯めたお金は折半することになっています。しかし、どちらかに何らかの問題があり、それが原因で離婚するとなると、慰謝料が発生することもあるのです。この場合、もめてしまうと裁判になってしまうこともあります。というのも、話し合いでは決められないからです。こんな時には弁護士に相談してみましょう。両者の意見を聞いた上で、適切なアドバイスをしてくれるので安心です。また、離婚の慰謝料は状況によって金額が違ってきます。例えば、夫婦の間に子どもが居る場合、養育費をどうするのかといったことも考えなくてはなりません。もちろん、どちらに親権を与えるのか、この点ももめることがあります。実際に、子どもが居る家庭ほど離婚までは時間がかかることが少なくありません。それから、子どもが居なくても慰謝料が発生することはあります。例えば、夫が浮気をした場合、これは完全に妻へ精神的なダメージを与えたということで慰謝料を支払わなくてはなりません。適切な金額については弁護士に相談してみましょう。どのようなパターンにはいくら、というように、だいたいのことは決まっているからです。もちろん、提示された慰謝料に納得がいかない場合、夫は離婚を拒否することができます。ここは話し合いに時間がかかってしまいますが仕方ありません。お互いが納得できるよう、双方に弁護士をつけて話し合うことが大切です。

Copyright© 2018 慰謝料請求したいなら必見【専門家選びのコツをリサーチ】 All Rights Reserved.